●よくある質問」カテゴリーアーカイブ

有料メルマガで、登録解除ページに、料金、サンプルメルマガなどの表示が出ない

管理画面にログインし、左側メニュー内「各種ページデザイン」から

[読者登録/解除]エラー時の再入力ページ

を、デフォルトにもどすか、修正する必要があります。

修正する場合は、

<div id=”magazine_name1″><a href=”usrctrl.php?upd=1&mag_id={$magazine.id|escape}”>登録情報の変更はこちらから</a></div>
<div id=”magazine_name”>メールマガジン名:{$magazine.name|escape}</div>

の部分を

<div id=”magazine_name1″><a href=”usrctrl.php?upd=1&mag_id={$magazine.id|escape}”>登録情報の変更はこちらから</a></div> {if $billings ne null}
<div id=”magazine_name1″>{$billings.regular_amt|escape}円/ {if $billings.billing_freq eq 0}週 {elseif $billings.billing_freq eq 1}半月 {elseif $billings.billing_freq eq 2}月 {elseif $billings.billing_freq eq 3}年 {/if} {if $billings.use_trial eq 1}
({if $billings.trial_amt eq 0}
無料 {/if}
トライアル {if $billings.trial_freq eq 0}1週間 {elseif $billings.trial_freq eq 1}半月 {elseif $billings.trial_freq eq 2}1ヶ月 {elseif $billings.trial_freq eq 3}1年 {/if} {if $billings.trial_amt > 0}
/ {$billings.trial_amt|escape}円 {/if}
) {/if}
</div>
<div id=”magazine_name1″><a href=”usrctrl.php?sample_mag=1&mag_id={$magazine.id|escape}” target=_blank>サンプルメルマガ</a></div> {/if}
<div id=”magazine_name”>メールマガジン名:{$magazine.name|escape}</div>

としてください。

 

ステップメールでの一括配信とメルマガの配信の違いはなんですか?

メルマガの配信とは、

・メルマガ配信(単発のメールを、都度、希望時に一括配信)
・ステップメール(あらかじめ設定しておいたメールを、自動的に一括配信)

の2つを意味しています
1メルマガにつき1組のステップとなっています。

 

属性とは何なのか、使い方について知りたいです

NEOではお客様を絞り込んでメルマガを飛ばす事ができます。

属性とはメルマガ読者の方を、ジャンルによって分けることができる機能です。

基本属性19項目、自由属性15項目があり、
自由属性では
「商品購入の有無」など自分の分けて管理したい項目が入力できます。

そして、属性ごとに絞りこんで配信したい場合についてご説明します。

NEOにログインし、
メルマガの管理画面に進み、
「メルマガ配信」をクリック。

「メルマガを書く」より、内容記入後に下部の「絞込み配信」をチェック

「次へ」を押して進む

「詳細設定」より、「属性○○が(指定したい属性の数字)」のチェックボックスをチェック。
この際に、内容記入欄には自分の選びたい属性の条件を記入。

※例えば商品購入の有無という属性があったとして、
属性の中身は「有」「無」の二種。
商品購入有りの人を選択したい場合は内容記入欄に「有」と入力する。

入力し、「と一致する」をチェック。

これで配信予約を選択すると、その属性の人のみにメールが送信されます。
※配信前に下部の「配信者数を確認する」で誰に配信するのか確認してから
配信することをおすすめいたします。

 

メルマガが届かなかったメールアドレスを知りたいのですが?


動画を拡大してみる場合はコチラをクリック

 

メルマガが届かなかったメールアドレスを確認することができます。

ログイン後、左側のメニューで「メール送信エラーの管理」をクリックして開きます。
そこで届かないアドレスの一覧を見ることができ、検索も可能です。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

エラーメールアドレスが確認できます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

・リセット
エラーの発生回数がリセットされます。

・メルマガでの登録状況
どのメルマガに登録してあるメールアドレスかが確認できます。

・理由
エラーの理由、詳細が確認できます。

特定のアドレスを調べたい場合は検索をご利用ください。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

※各メルマガ毎に設定された回数のエラーが起こると、メルマガの基本情報の、「エラーアドレスの処理」の選択に応じて処理されます。

 

メルマガ読者のデータをエクセルなどで集計したい

ログイン後管理画面の左側メニューで、
「読者検索/管理」→「読者検索/ダウンロード」へと進みます。

そして何も入力せず検索ボタンを押してください。
するとそのメルマガに登録されている読者が表示されるので
読者データ下の「検索結果をCSVでダウンロード」を押してダウンロードしてください。
読者登録の際に行ったデータが全て表示されます。

 

電話サポートをしていますか?

次の理由のため電話サポートでは十分にサポートできないため、電話サポートをしておりません。

・サポートするためにはURLやアカウント情報などの個別識別情報が必要であり電話では伝わりにくいため
・サポートの進行状況や履歴情報がとれない
・サポート担当者が変更になる場合があり、ユーザーの方に一度話した情報を再度話してもらうことになる

お問い合わせは、チャットまたは、問い合わせフォームからお願いします。

 

読者が急に減ったのですが、考えられる原因はありますか?

ご利用中のNEOにログインをいただき、

トップページ >送信エラーの管理

「送信エラーの管理 」

を確認してみてください。

恐らく、ここに「配信されなかった、又は急に減った」とされた読者(アドレス)方達が反映されています。

ここに、反映されている方達は、

NEOが配信の動作を行う ⇒ 受信者に繋げる ⇒ 繋げるが受信者の環境(間違いなどでアドレス自体が存在しない、プロバイダの設定、迷惑設定、受信BOXの容量オーバー、携帯の場合、受信拒否など)で、メールが相手まで到達しなかったアドレスは、エラーでNEOに返ってきます。

その返ってきてしまったアドレスが反映されます。

なお、この機能は、存在しないアドレスなど、
送信エラーが発生したメールアドレスへの配信を停止(リスト削除)します。
無駄な配信が減り、読者数の抑制に繋がります。

また、エラーとなるアドレスに何度も送信を行っていると、
相手方サーバーにSPAM・迷惑メールと判断されてしまうため、
このような仕組みを設けています。

※リストから削除を行なわない場合は、「メルマガ基本情報の変更」の「*エラーアドレスの処理」を「配信ステータスをエラー累積による配信中止中に変更」としていただくことで、リストからの強制削除はなくなります。配信は行われません。

と、あまりお勧めは出来ませんが、
もし、今まで、エラーになってしまった方を再度、配信を試してみたい場合は、

トップページ >送信エラーの管理

にて、該当のアドレスを「削除」をし、再度、該当のアドレスを登録 ⇒ 配信 を行なっていただけると再度、NEOは配信の作業は行います。

ただ、やはり、再登録を行なったアドレスがエラーの場合は、

トップページ >送信エラーの管理

へ、反映がされますので、ご了承をお願い致します。