お申込み後の確認メールから、VPS-NEOのログインまで


動画を拡大してみる場合はコチラをクリック

 

■ ステップ1 お申込み
申し込みが完了すると、登録メールアドレスに
件名:[VPS-NEO]お申込みありがとうございます
のメールをお送りします。
メールには初期費用お支払等が書かれた内容になっています。

■ ステップ2 お支払
ご入金後、
件名:[VPS-NEO]ご希望ドメインをお知らせください
のメールをお送りします。メールには利用するドメインに関する内容を書いています。

■ ステップ3 ドメインの決定
VPS-NEOに設定するドメインを決め、当社まで連絡をお願いします。
(注:ドメインは当社で取得いたします)

■ ステップ4 VPS-NEO設置作業
3~5営業日で設置が完了します。

■ ステップ5 納品
設置が完了しますと、
件名[VPS-NEO]VPS-NEOの設置が完了しました
のメールお送りします。
メールにはログイン情報などが書かれていますので大切に保存してください。

 

読者から登録設定をした場合、ステップメールは、いつから送られますか?

ステップメールは、登録されている読者データの
「登録日時」から起算してxx日後、という条件で配信しています。

例えば、現在、ご自身のメルマガに登録されているの読者を確認してみてください。

確認方法は、

管理画面へ、お進みいただき、「読者検索/ダウンロード」にて、
何も指定せず、「検索」をしていただければ、現在、登録がさせれている、
読者が全て、閲覧できるようになります。

そこで、「登録日時」の表示のご確認をお願い致します。

例えば、一番初めの方の「登録日時」は、

「2010-01-12 14:54:07」

となっているとします。

※必要なのは日にちのみになりますので、
以降、時間の「14:54:07」は気にしないでください。

ステップメールは、この「登録日時」で判断し、メールの配信を開始しております。

ご確認いただいたとおり、一番初めのご登録者の日時が、

「2010-01-12」

となっています。

が、本日は「2010-03-05」とします。

その場合、「2010-01-12」のデータの方には、
「登録から1日後」と言うメールは配信されません。

正確に言いますと、本日の「2010-03-05」以前の「登録日時」の方には、
既に「登録から1日後」は過ぎている為、配信は開始されません。

もし、「登録から1日後」のメールを全ての方に適応、配信を行ないたい場合は、
全ての「登録日時」を「「2010-03-05(修正している日)」にデータの修正が必要となります。

↑の修正を行なっていただければ、次の日から「登録から1日後」のメールがすべての方へ配信がされていきます。

修正方法は、

管理画面へ、お進みいただき、「読者検索/ダウンロード」にて、
なにも指定をせず、「検索」をしていただき、
検索結果表示画面下部の「検索結果を一括修正」をクリックしてください。

その後、「読者データ修正(一括)」が表示されます。
表示された画面、「登録日」を、修正作業を行なっている日または、
ご希望の日にちにして「更新」をしてください。

これで、データの修正は完了しましたので、「ステップメール」を『稼動』としていただく事で、
ステップメール配信者が適応され、配信が開始されていきます。

※例えばのお話なので、ステップメールの作成と読者の登録が同日時場合は、修正はいただかなくても大丈夫です。

 

利用者数の減らし方・読者の削除方法

NEOにログインし、該当のメルマガ管理画面へお進みください。
表示画面、中央に「検索、ダウンロード」とありますのでクリックしてください。

ここで、削除対象のアドレスを検索をいただき、
表示された検索結果の画面右に「削除」のボタンがありますので、
該当アドレスの『削除』クリックし、削除の設定を行なってください。

 

ログインする際の「アカウント名」がわかりません

ログインする際に入力する「アカウント名」について、
ご自身で変更されていない場合の、初期アカウント名は

admin

になります。

また、管理画面へログインし、左側メニュー内
「システム設定」にある「管理者ログインアカウント名」から、
任意のアカウント名に変更することが出来ます。

 

有料メルマガで、登録解除ページに、料金、サンプルメルマガなどの表示が出ない

管理画面にログインし、左側メニュー内「各種ページデザイン」から

[読者登録/解除]エラー時の再入力ページ

を、デフォルトにもどすか、修正する必要があります。

修正する場合は、

<div id=”magazine_name1″><a href=”usrctrl.php?upd=1&mag_id={$magazine.id|escape}”>登録情報の変更はこちらから</a></div>
<div id=”magazine_name”>メールマガジン名:{$magazine.name|escape}</div>

の部分を

<div id=”magazine_name1″><a href=”usrctrl.php?upd=1&mag_id={$magazine.id|escape}”>登録情報の変更はこちらから</a></div> {if $billings ne null}
<div id=”magazine_name1″>{$billings.regular_amt|escape}円/ {if $billings.billing_freq eq 0}週 {elseif $billings.billing_freq eq 1}半月 {elseif $billings.billing_freq eq 2}月 {elseif $billings.billing_freq eq 3}年 {/if} {if $billings.use_trial eq 1}
({if $billings.trial_amt eq 0}
無料 {/if}
トライアル {if $billings.trial_freq eq 0}1週間 {elseif $billings.trial_freq eq 1}半月 {elseif $billings.trial_freq eq 2}1ヶ月 {elseif $billings.trial_freq eq 3}1年 {/if} {if $billings.trial_amt > 0}
/ {$billings.trial_amt|escape}円 {/if}
) {/if}
</div>
<div id=”magazine_name1″><a href=”usrctrl.php?sample_mag=1&mag_id={$magazine.id|escape}” target=_blank>サンプルメルマガ</a></div> {/if}
<div id=”magazine_name”>メールマガジン名:{$magazine.name|escape}</div>

としてください。

 

ステップメールでの一括配信とメルマガの配信の違いはなんですか?

メルマガの配信とは、

・メルマガ配信(単発のメールを、都度、希望時に一括配信)
・ステップメール(あらかじめ設定しておいたメールを、自動的に一括配信)

の2つを意味しています
1メルマガにつき1組のステップとなっています。

 

属性とは何なのか、使い方について知りたいです

NEOではお客様を絞り込んでメルマガを飛ばす事ができます。

属性とはメルマガ読者の方を、ジャンルによって分けることができる機能です。

基本属性19項目、自由属性15項目があり、
自由属性では
「商品購入の有無」など自分の分けて管理したい項目が入力できます。

そして、属性ごとに絞りこんで配信したい場合についてご説明します。

NEOにログインし、
メルマガの管理画面に進み、
「メルマガ配信」をクリック。

「メルマガを書く」より、内容記入後に下部の「絞込み配信」をチェック

「次へ」を押して進む

「詳細設定」より、「属性○○が(指定したい属性の数字)」のチェックボックスをチェック。
この際に、内容記入欄には自分の選びたい属性の条件を記入。

※例えば商品購入の有無という属性があったとして、
属性の中身は「有」「無」の二種。
商品購入有りの人を選択したい場合は内容記入欄に「有」と入力する。

入力し、「と一致する」をチェック。

これで配信予約を選択すると、その属性の人のみにメールが送信されます。
※配信前に下部の「配信者数を確認する」で誰に配信するのか確認してから
配信することをおすすめいたします。

 

メルマガが届かなかったメールアドレスを知りたいのですが?


動画を拡大してみる場合はコチラをクリック

 

メルマガが届かなかったメールアドレスを確認することができます。

ログイン後、左側のメニューで「メール送信エラーの管理」をクリックして開きます。
そこで届かないアドレスの一覧を見ることができ、検索も可能です。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

エラーメールアドレスが確認できます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

・リセット
エラーの発生回数がリセットされます。

・メルマガでの登録状況
どのメルマガに登録してあるメールアドレスかが確認できます。

・理由
エラーの理由、詳細が確認できます。

特定のアドレスを調べたい場合は検索をご利用ください。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

※各メルマガ毎に設定された回数のエラーが起こると、メルマガの基本情報の、「エラーアドレスの処理」の選択に応じて処理されます。