デコメメール」カテゴリーアーカイブ

メール デコメについて

メール・デコメを分かりやすく解説したページです。

デコメール登場!

最近、携帯電話に送られてくるメールが妙にきらびやかになってきました。

mova時代の携帯電話は受信制限があったので、携帯メールに画像を送るというも のはほとんどありませんでした。

今改めて調べてみると、文字を組み合わせて絵のようにみせたり、格子のように“『”を組み合わせて目立つようにしたりと涙 ぐましい工夫のあとが見られます。

顔文字もその一種ですよね。

時代は3Gとなり、movaからFOMAに移行すると、デコメールが出現し、携帯メール文化 は一気に花開きました。

ともかくカラフルになり、簡単なアニメーションまで送信できるようになったのです。

これだけでもスゴイのに、画像を挿入したり、文 字に色までついています。

こうなるとこの小さな画面に必要なのかとも思いますが、それはパソコンユーザの認識でしょう。

つまり、携帯ユーザとパソコンユー ザの感覚は違うのです。

パソコンユーザは、それなりに大きな画面でカラフルな画像を普通に見ているので、携帯のデコメールを見てもそんなに引き寄せられる ことはありません。

しかし、パソコンを使用していない携帯ユーザはかなりの感動があるようで、携帯電話が3Gになった瞬間、弾けたように絵文字やデコメー ルが多く送信されるようになりました。

さて、インターネットショップはこの状況をチャンスと受け止めているようです。

つまり、デコメールを使用してメール マガジンや商品紹介のemailを配信すれば集客できるわけです。

まずユーザの興味を引いてもらい、そこからショップのホームページにアクセスするきっか けとする。

それがインターネットショップの集客スタイルのスタンダードになりつつあります。

ただ、デコメールは通常の文字に比較して容量は大きいです。

つ まりパケット料が発生し、その負担は受信側、つまりユーザなのです。

あまり大きな容量のデコメールを頻繁にメール配信すると、せっかく集客したユーザも 去っていく可能性があるので注意が必要です。

デコメールは有効か

デコメールはもちろん有効です。

しかし、当然使い方によるのは言うまでもありません。

メールマガジンにデコメールを使用し、購買意欲を高めることが最近の トレンドです。

やはり女性に受けるような安心色を使ったパステル調の背景色に、きらびやかな点滅のような装飾を加えると反応が良いようです。

また、ユーザ が興味ありそうな商品画像を挿入するとなお効果が高いと言われています。

つまりデコメールがあるのと無いのではクリック率が格段に違うのです。

しかし、 emailの内容に入力する項目が多いと、ユーザはショップのホームページまでは来てくれません。

例えば、メールアドレスの入力とか、IDとか、パスワー ドとかの類です。

パソコンユーザからすれば普通ですが、携帯電話は一つのキーにいくつもの文字の入力があり、何回も押すか、文字種をシフトしなければなら ないことが多いので負担になります。

文字キーの操作を求めると集客できない傾向のようですから、なるべく避けるべきでしょう。

とはいえ、携帯電話の契約 数、1億2千万を考えれば、お店にとって越えなければならないハードルがあったとしても、それを乗り越えるだけの効果は期待できるのです。

現在、携帯電話 でインターネットショッピングを利用している人は、20代の女性が中心です。

コスメ、アクセサリー、洋服などの分野の販売が伸びています。

これらのショッ プのメールマガジンはやはりデコメールが多く使われています。

また、デコメールはユーザインターフェース的視点から見ても優れている部分があります。

画像 やイメージを前面に押し出しているので、テキストを読む手間が省ける、ということでしょう。

感覚的に商品の内容を理解してもらうことができるので、短い時 間でイメージを伝え安いわけです。

パソコンユーザより、携帯ユーザの方が購入を判断する意思決定が早いと言われていますので、情報の提供側もそれに合わせ た提供のしかたをする必要があるのです。

それに適している手段がデコメールと言えます。

デコメール配信の実現

デコメールのメリットは画像、色、を使ったデザインでユーザの興味を引いてもらうことにあるのです。

例えば、書籍でも文字だけのものより、絵があって説明 された方が理解は早いですし、興味がわきますよね。

元来人間は色や形、動きに興味を持つ動物なのです。

しかし同時に容量が大きいというデメリットもあります。

パケホーダイなどを使っていない限り、ユーザがパケット料金を支払うわけです。

ちなみに、手元の携 帯電話のデコメールの容量は画像無しで大体10kb程です。

1kbは半角で1024文字ですから10kbはテキストで言うと10240文字にもなります。

400字原稿用紙26枚ぐらいの量ですね。

画像ありならばその3倍以上の容量のパケット通信料をユーザに負担していただくことを充分に意識してショップ側 はメールマガジンを配信しなければなりません。

さて、実際にデコメール入りメールマガジンを配信するにはどうしたら良いのでしょうか?

まずはソフトなどを そろえなければ・・・と考えたショップの経営者は少し待ってください。

今はVPS形態のサービスを利用するのがおすすめです。

VPS-NEOというステッ プメール配信のサービスが良いでしょう。

いわゆるVPSという形式のサービスなのでショップはサーバーを持たない形で利用できるというものです。

“なんだ それは”という声が聞こえてきそうなので、もう少し深く説明すると。物理的なサーバーはNEOで初期設定してくれます。

それは、サーバーの仮想空間技術で 論理的にセパレートしてあり、その仮想サーバーの一つをショップに割り当てるというものなのです。

ですから、ショップはサーバーを借りたりする必要は無 く、ショップのパソコンからインターネットを通じて接続するだけなのです。

面倒な作業は一切ありません。

現在はこのようにソフトウェアを購入する必要が無 く、イニシャルコストやランニングコストを最小限に抑える事が出来るサービス形態があるのです。

もちろん、携帯電話へのメール配信にも対応しているので、 現在のインターネットショップのトレンドに乗り遅れることはありません。

 

NEOについてはコチラ

VPS-NEOについてはコチラ

 

デコメメール配信aspについて

デコメメールの配信aspを分かりやすく解説したページです。

デコメの利用者

デコメはNTTdocomoの登録商標で3G携帯上で動作するcHTMLという言語で記述されたアニメーションや絵の事です。

Web上でホームページを記 述する言語をHTMLと言いますが、そのiモード対応版と認識すればいいかもしれません。

ちなみにauではデコレーションメール、ソフトバンクモバイルで はデコレメールと言われています。

一例を見るとピンクや水色、黄緑色などパステル系カラーの背景色に赤のハートマークがアニメーションで飛んだり、光った りとかなり綺麗です。

動物をデフォルメしたキャラクターを使ったりした可愛いものも多いようです。

逆に、写実的なリアルな描写の絵などはあまりなく、全体的な印象としては“かわいい”ものが多いようです。

絵画でいうと、ルネサンス的なものより印象派的なイメージですね。

かわいい印象なので、デコメを利用する年齢層や男女別にも影響があります。

やはり男性より女性が多く、年齢層は10代~20代が多くなっています。

しかし、推移をみると30代~50代の年齢層の利用も右肩上がりに伸びており、若年齢層が使うものというイメージは無くなってきていますが、やはり女性が多いことには変わりないようです。

すると、 デコメのデザインも女性向けにどんどんかわいくなっていくのでしょう。

使用する機能としては、デコメ絵文字が多く続いて画像の挿入、テンプレートの順になっています。

感覚的に訴えかける絵文字の利用が多いのは特筆すべきことです。

文章は読み、ロジックとして理解するわけですが、対して絵は見ることによっ て心で理解するものと言えます。

つまり文章は機能などの説明に適しており、絵はなんかよさそう、とカッコよさ、美しさなどデザインの表現に適しています。

そのような意味では年齢層の上下を問わず、美しさや可愛さを追い求める女性に利用者が多いというのは頷けます。

また、デコメに画像を挿入する機能もよく使 われているようです。

やはりロジックより美的センスにウェイトを置いた利用が多いのです。

デコメとメールマガジン

昨今のeメールマーケティングの主力はメールマガジンだと言われています。

つまりメールマガジンの内容をいかにするかで集客率や常連客の維持が変化するわけです。

これはシビアであるとともにチャンスでもあります。

メールマガジンの工夫如何によっては今までお客様に知ってもらえなかった自社の商品を宣伝でき ることにつながります。

統計によると、メールマガジンを購読している85.9%もの人がそれをきっかけにしてホームページを訪れたことがあると答えています。

すると、特に女性向けの商品を取り扱っている事業者はメールマガジンにデコメを取り入れれば一層良いはずです。

これはチャンスといえるでしょう。

しかし、デコメは携帯電話の機能です。

パソコンユーザ向けにはどうするのでしょうか。

ここで認識が必要なのは、パソコンユーザ向けのメールマガジンと携帯電話ユーザ向けのメールマガジンは別、ということです。

パソコンにはパソコンの、携帯電話にはそのメール文化といえるものがあります。

これは、当然大きさと キーボードの多さからくるものだと言えます。

一つの文字を入力するにはパソコンが断然やり易いですが、携帯はボタンを何回か押して選ばなければなりません。

ほんの少し手間がかかるわけです。

また文字数制限もあります。

すると、文章はどうしても短くなり、短い文章で伝えたいことを伝えようとするため、かしこまった敬語は使われず、また省略言葉も多くなります。

昨今の省略言葉にはとてもついていけませんが、これもケータイ文化なのでしょう。

話を戻すと、携帯電話のメールマガジンには短く、フレンドリーな内容やデコメを使っても構わない文化が育まれているのです。

しかし、パソコンは違います。

パソコン自体コ ミュニケーション機器として発展したのではなく、プログラミング処理機器として発展した経緯があります。

つまり、1980年代後半では、パソコン(当時は マイコンとも呼ばれていました)を持っている人はかなり稀で、その人たちは“技術者的”であったのです。

この土壌が携帯電話とパソコンの違いであると言えるでしょう。

ステップメールとデコメ

デコメを取り入れた携帯メールマガジンを制作し、うまくお客様に配信する仕組みはあるのでしょうか。

メールマガジンも“マガジン”である以上、単発ではな く、ある期間通じて継続的に配信する必要があります。

継続して配信することがお客様に長期間認識してもらい、常連客になっていただく秘訣であるわけです。

例えると、このような経験はありませんか?

ある地方へ旅行に出かけ、風情のある温泉宿に宿泊したとします。

それから毎年旅行シーズン前になるとハガキが届くようになります。

それには温泉宿から見える美しい風景が描かれていて、思い出を呼び起こし、また行きたいと思うわけです。

またそのハガキの絵は、春の新 緑の時期はそういう風景で秋の紅葉の時期にはそのような絵になっています。

すると、“今度は秋にも行ってみよう”という気持ちになることでしょう。

つまり 宿の常連さんになるわけです。

ハガキに描かれている風景の絵がデコメであると考えてください。

つまり、ハガキがemailになったとしても実際の人の感情 は変化するわけではありません。

宿は新緑に季節と紅葉の季節に内容の違うハガキを送付する、というスケジュールを立てているわけです。

これはデコメを使ったメールマガジンの配信にも同様のことが必要なのです。

それを実現する方法としてステップメールがあります。

その機能はメールマガジンなどを、利用者が設 定したスケジュールどおりにメール配信するというものです。

具体的なサービスとしてはVPS-NEOがよいでしょう。

メールマガジンを用意し、NEOに登 録すれば毎週何曜日の何時であるとか、自動的に送信してくれるのです。

また、号外的にGW直前にメール配信できたりもします。

さらにASP形式ですので、 利用者は自前でサーバーやソフトウェアを用意する必要はありません。

ASPとはサービス提供元にアプリケーションがあり、利用者は使うだけ、というサービ スです。

また、VPSとはサービス提供側にある物理サーバーを仮想空間でセパレートし、利用者に割り当てるというサービスなので利用者側に設備はいらないわけです。

ASPとVPSの良い所を提供しているのがNEOなのです。

 

NEOについてはコチラ

VPS-NEOについてはコチラ